https://shinwashinwa.hatenablog.com/

信和の保険のホ!

小田原にある保険代理店の㈱信和です♫ちょっとしたつぶやきや保険のイロハを不定期に更新します!TEL:0465-22-9414/FAX:0465-22-6125

信和ってどこにあるの??

こんにちは!

 

今日は昨日とはうってかわりとても良い天気ですね♫

今回、当代理店の場所をご案内したいと思います。

 

小田原駅東口から箱根方面のバス に乗り、諸白小路のバス停で

 下車します。

②下車した後右へ進み、諸白小路交差点を左に曲がります。

③突き当たりまで10分ほどまっすぐ歩いてください。

④突き当たりまできたら、右に曲がり少し歩くと左手に当代理店の

 駐車場が見えますので海側の建物へとお進みください!

 

 

いつでもお待ちしております♫

 

 

ラジオ体操 みんなで一緒に!

台風14号が通り過ぎ、小田原は比較的涼しい一日となりました。

この三連休は、雨予報だったのもあって、ほとんど家の中で過ごしておりましたが、家事をこなしたところで体の動きは限られたもの…今朝はなんだか全身が凝り固まっているような起床でした。

信和ではみんなでラジオ体操をしています。
朝のひと仕事が終わった頃、「ラジオ体操第一」の解説付き音楽を流して、みんなで一斉にやります。

私たちはデスクワークがメインなので、一番はじめの「背伸びの運動」をするだけでも、肩回りの筋肉が伸びて、とても気持ちが良いです。
 
この「ラジオ体操第一」は全部で13科目の運動で構成されていますが、無理なく
全身の筋が伸ばせる動きになっていて、本当に上手くできているなぁ~と思います。
 
「一日に5回ラジオ体操すると痩せる」なんて聞いたことありませんか?
私は納得です!
 
YouTubeでお手本を見ながらきちんとやっていくと、終わるころには息があがり、
夏は汗ばむ程になりますから、毎日5回やれば痩せる効果はきっとありますよね?!
 
私が運動不足すぎるため、そう思うだけなのでしょうかね…?
 
みなさんは何か運動や体操等をしていますか?
何をやるか悩んでいるようでしたら、ラジオ体操はいかがでしょうか。
オススメです!

コネクティングフライト『connecting flight』

2022年9月8日

エリザベス女王スコットランドのバルモラル城でお亡くなりになられました。 

本当に悲しい出来事です。

多分、皆さんは知らないと思いますが、カナダはイギリス連邦の加盟国で、君主はエリザベス女王だったのです。
モントリオール(カナダ)でも、エリザベス女王の死を悲しみ、町中(カナダ中?)の教会の鐘が鳴り響いたそうです。

 

イギリス連邦とは】

イギリス連邦とは、全ての加盟国を「自由で平等」なものとして確立しました。

加盟国の数は54か国に及びます。

君主制の加盟国21か国中15か国が、イギリス連邦王国として元首をエリザベス女王が 務めています。 

イギリス連邦の総面積は31,844,000 km2 以上になります。

これは世界の国土面積の21パーセントに 相当する大きさです。

総人口は2021年時点で26億1266万人と推定されています。(世界人口の3分の1近くに相当します)

これは 国際連合(UN)上海協力機構(SCO)に次いで世界で3番目に大きな政府機関なのです。

 

**********************************************************************************************

それでは、今回のテーマであるコネクティングフライトについて説明します。

皆さんは、新型コロナウイルスの為に2年間も海外旅行を我慢してましたよね?

今年は海外旅行行けそうですか? (海外旅行ワクワクしますね。(^_-)-☆

 

そういうことで、今回はコネクティングフライトをテーマとさせていただきました。

それは「コネクティングフライトはモントリオールからアメリカ合衆国の目的地へ」ということです。

 

現在、日本からアメリカ合衆国へ入国しようとした場合、入国審査に1~2時間もかかってしまいます。 

本来必要なものはパスポート、エスESTA、ワクチン証明だけなのですが・・・。

「靴脱いで」なんて言われたことはありませんか?

入国カウンターで指紋を取られることもありますね。

心の中は溜息『あ~ぁ』の連続になりますよね。 

 

そこで「カナダでトランジェット(本当はストップオーバーですが)して下さい」

ということです。 カナダならどこでもいいのですが・・・。

出来れば(是非)モントリオール・トルドー国際空港にお越し下さい。 

モントリオールは本当に良いところなんです。

トルドー空港からモントリオール市街中心までは20kmぐらいです。

 

昔、モントリオールの郊外に住んでいたころ自転車で空港に行き、家族に何も言わずに飛行機に乗ってパリに行ったことが有ります。(めっちゃ 怒られました (T_T)

モーリス・ルブランアルセーヌ・ルパンの舞台『奇巌城』を見るためだけに・・・

 

初めての大西洋横断が嬉しくて『 翼よ! あれが巴里の灯だ 』と小さい声で言ったことを覚えています。 日本人がいなくて良かったぁ!(笑)

(『 Spirit of St. Louis』じゃなくて、ボーイング747の機内でしたけどね)

 

トランジェットの空港に着いたら乗継ぎを意味する「Transfer」「Connection Flights」という案内に従って移動して下さい。

ストップオーバーの場合は、乗り継ぎせずに入国するので入国審査を意味する「Passport Control」へと向かって歩いて下さい。

 

あっ! 『カナダでトランジェットが良いよ』の説明を飛ばしていまいました。

肝心の『何故いいのか』を伝えていませんでした。(>_<)

 

何故いいのか? それはカナダの出国審査を通り抜けると、そこは既にアメリカ合衆国だからです。(ラウンジも飛行機の中もアメリカ合衆国なのです)

 

カナダでは出国手続きと一緒にアメリカ合衆国の入国手続きをしてしまうのです。

という事で、アメリカ合衆国の空港では、通路を歩いているといつの間にか国内線と同じように外に出てしまうのです。 びっくりしますよ。 

分かっていても「あれっ!」て、なりますから(笑)

アメリカ合衆国入国カウンターで色々言われることもないんですよ。凄いでしょ。

 

是非、是非 モントリオールに遊びに来て下さい。

ケベック州全体でも日本人は3000人ほどしかいませんが、フランス系の人達も良い人ばかりです。 北米で一番安心して暮らせる(旅が出来る)町だと思います。

湖やセントローレンス川のほとりに広がる街並みは「魔女の宅急便」の画像の様にとても綺麗です。

オールドモントリオールやメイプル街道(ローレンシャン高原)行ってみて下さい。

きっと、一生の思い出になると思います。

 

上空1万メートルからカナディアンロッキーを撮影した写真です

 

 

お願い! 知ってほしいワン!

イエロードックプロジェクトという運動を知っていますか。🐕

 

この運動は、2012年6月にスウェーデンから始まったプロジェクトです。

犬の心理学者やトレーナーの方々から世界へ発信した運動で、賛同したアメリカ、  オーストラリア、カナダの三国の有志が基金を立ち上げたのがはじまりでした。

今ではネットを通じて多くの国でたくさんの人が知るところとなっています。

 

コミュニケーションが出来ない「わんこ」は、お散歩等で出会う人に対して『お願い、近づかないでね』『お願い、そっとしておいてね』という意思表示をするためにリードや首輪に黄色いリボンを目印としてつけています。

 

黄色いリボンを付けている犬を見かけたら、様々な理由から、そっとしておいてほしい「わんこ」なのだということをご理解いただけますようお願いします。

 

 

この運動は日本でも広がりつつあると言われていますが、未だご存じの方にお会いしたことが有りません。

 

日々のお散歩で黄色いリボンをつけていても、近づいて触ろうとする人がいたり、犬を近づけたりする人が大勢います。

 

わんこ」が歩道の左側を歩いていたりすると、前から歩いてきた日本人は「わんこ」の前で立止まり行かせないようにする人が多くいます。(>_<)

左側を通行している「わんこ」に対して、右側を歩いている「自分が優先だからどけ」と考えるのでしょうか。本当に悲しい人達です。

 

イエロードックプロジェクトを例にお話ししましたが、カナダやフランスと日本を行き来していると「他人を思いやる心」について考えさせられます。

今や欧米の人達の方が「他人を思いやる心」を持っていることに驚きすら感じます。

 

日本人は、持っていたはずの「豊かな心」を、いつの間にか無くしてしまったのかも しれませんね。

 

◇ 他人を思いやる心

◇ 全ての命を尊重する心

◇ 美しいものに素直に感動する心

◇ 自分や他人の良さを知る心

◇ 違いを認め尊重する心

 

これは児童が習う「豊かな心」の定義だそうです。

 

 

伝説の動物 たぬき =^_^=

たぬきは想像上の動物? 今回も大好きな動物ネタです。=^_^=

 写真はTVニュースにもなった新宿駅のタヌキです

このタヌキ。 もしかして 

この子は本当にタヌキ? しっぽ(タヌキ)マリオかもしれません。(笑)

この後、この子は十字下キーとBボタンを同時に押して「地蔵マリオ」へ変身!

地蔵マリオは無敵です。

敵に接触してもダメージを受けず素通りすることが出来ます。

それで改札も素通りです(笑) 


スーパーマリオ3英語版では、しっぽマリオが「Raccoon Mario アライグママリオ」 英語でタヌキがraccoon dog だから仕方ないけど・・・

でもなんか違うような気がしますよね。 (たぬきはラスカルじゃないよ (>_<)

 

スーパーマリオブラザーズ3(懐かしいですね)

**********************************************************************************************

タヌキはもともと、生息域の小さい珍しい動物で、極東(日本・シベリア・朝鮮半島)だけに生息している「珍獣」です。 

(シベリアや朝鮮半島では「見たことないけど居るらしい」くらいの動物だそうです)

本当に日本にしかいない珍しい動物なのですね。

 

だから、外国人はタヌキを知らないのです。

殆どの外国人は、ドラゴンやユニコーンと同じ想像上の生き物で、日本のおとぎ話に 登場する空想上の動物と思っています。

外国でも少数の動物園にはタヌキがいますが、大きな動物園でもタヌキの入手は難しいらしく『パンダ=たぬき』程の貴重な存在なのだそうです。 

 

でも、これは昔の話しかもしれません。 

十数年前からタヌキが世界中に輸出されました。

お金になると考えた業者がいたのでしょう。

その結果、モントリオール(カナダ)では、野生化したタヌキにごみを漁られる被害が多発してきています。

フランスの友人によると、ヨーロッパにも野生化したタヌキが数多く暮らしているそうです。 

 

人間の身勝手で、知らない土地へ連れていかれたタヌキは、必至で生きているだけなのだと思います。 臆病で、狩りも出来ず、ゴミを漁ることしか出来ないのに・・・

 

タヌキは大きな音でびっくりして気絶してしまう程の繊細な動物です。 

タヌキは死んだふりをすると言われますが、繊細過ぎて気絶していただけなのです。

 

町中に出てきたタヌキが道を横断しようとして、車のクラクションに驚いて道の真ん中で気絶したため惹かれてしまうという悲しい事故が起きています。

 

どうか、動物たちに対しても優しい気持ちで安全運転をお願いします。 

 

 

カワセミだぁ!  (翡翠)

恐竜の最終進化系

約6600万年前の中生代白亜紀末に大きな絶滅事件が発生しました。

大量絶滅で殆どの恐竜類は滅んでしまいましたが、運良く生き残った恐竜(獣脚類)が

鳥類なのです。 

そうです、カワセミティラノサウルスの親戚?なのです。(笑)

 

(事故の話しが続きましたので気分転換をかねて、今回は大好きな動物がテーマです)

    

      



お店(信和)の近所に早川が流れています。

早川は箱根芦ノ湖の湖尻(湖尻水門)に源を発し、小田原市の南町と早川の境界から 相模湾に注ぐ二級河川です。

小田原おさかなセンター近くの旧早川橋は、絶好?の野鳥観測地なのです。

ここには翡翠の他にも色々な鳥が住んでいます。朝夕はサギの仲間が沢山見れます。

毎朝の出勤時に橋の上で行うバードウォッチングが日課になってしまいました。(笑)

新しい双眼鏡も買ってしまいました (^^♪

 

翡翠カワセミ) 見たことありますか♪ 凄いんです! 絶対びっくりしますよ。 

翡翠の美しい青色は色素によるものではないのです。                    羽毛にある微細構造により、光の加減で青く見えるらしいです。 これは構造色と呼ばれていて、シャボン玉がさまざまな色に見えるのと同じ原理です。 凄い!凄い!

この美しい外見から「渓流の宝石」などと呼ばれていますが、実際見ると自然の物とは思えないほどの衝撃です。 

(良い写真が無くて翡翠の美しさが伝えられていないかも知れません。(>_<)

 

特に両翼の間からのぞく背中の瑠璃色(水色)は鮮やかで、光の当たり方によっては翡翠色(緑色)にも見えます。 

カワセミ翡翠の漢字表記が、ヒスイ(翡翠)と同じなのはこのためだそうです。

飛び方は一直線です。

これも自然のものとは思えないくらい真っすぐに飛びます。

一直線に飛んで。 空中でホバリング(滞空飛行)して、水中に飛び込んで獲物を捕らえます。そして大好きな女の子(雌)へ獲物をプレゼントするのです。

めでたくカップルになったらまた大変です。

男の子(雄)は巣穴を作るために垂直な土手に向かって突撃します。体当たりして足場ができたら、くちばしと足を使って50-90 cm程もある横穴を掘るのです。

17cm程の体長ですから驚異的な穴掘り名人ですね。

 

神奈川県にある殆どの河川は都市化の進展に伴って自然を要した護岸からコンクリートで固められた護岸に整備されてしまいました。 

早川も例外では無いのですが、旧早川橋の南町側の護岸は、まだ翡翠が巣穴を掘ることが出来る自然が残されています。

 

これ以上、大切な小田原の自然が壊されないといいですね。

 

翡翠は英語でKingfisher=「魚とりの名人」と呼ばれています。(king's fisherが語源)

 

コリジョンコースって何?

コリジョンコース現象                               名探偵コナン(事件ファイル第556話「恐怖の交差点」)

 

見通しが良い交差点でも、出会い頭の事故が発生します。

信じられない位見通しが良い交差点で、相手車両がはっきり、ずーと見えている状態(衝突するまで相手車両が交差点へ進入するのが見えていたはず)なのに、交差点で  出会い頭事故 ??? なのです。

 

モータリゼーションの進展と共に、北海道十勝平野で急に多発し始めた事故形態です。その為「十勝型事故」と呼ばれています。(別名「田園型事故」ともいいます)

当初は警察でも衝突がなぜ起きるのか解明できず、ミステリアスな交通事故として扱われていました。

 

コリジョンコース現象による事故は、ドライバーの意識が関与しないため衝突エネルギーは莫大で、大事故になりやすく、死亡事故の10%を超えるとも言われています。

2019年の自動車事故で、24時間以内に死亡した人が3215人でしたので、年間320人以上がコリジョンコース現象で死亡している事になります。

 

スピードが出る直線路が交差した場所で、ブレーキをかけない2台の車が、「衝突試験のように」衝突するのです。 それによる車両の損傷状態は言わずもがなですね。 

 

皆さんは『なぜ避けれないの。相手の車は見えるんでしょ』と思われるかもしれませんが、避けられないのです。

ここにも「考えられない脳の判断」が隠されているのです。

 

コリジョンコース現象≫

コリジョンコース現象とは、そのまま進み続ければ衝突してしまう一点に向かって、 等速直線運動をしている2台の車両や航空機同士が、視界が良好な場合であっても、 お互いを早期に視認することが著しく困難であるという現象をいいます。

見通しの良い平原の真ん中の交差点等で、実際に衝突してしまった場合には、運転者・操縦者の著しい過失に因るものと思われがちですが、この事故は人間の視覚能力の特性に起因した現象であることが科学的に立証されています。

直角に交わる見通しのよい交差点に、同じ速度で同時に接近する2台のクルマがあったとします。そのとき、相手のクルマは常に「斜め45度」で進み続けます。

すると、ドライバーの脳は近づいてくるクルマを止まっていると認識し、注意を払わなく(認識しない状態)なってしまいます。

見通しの良い空間では、相対的に動きの少ないはるか遠方の風景をバックに、互いの車が相対位置を変えずに動くため、相手車が背景と一体化してしまい、動いている物体と脳が認識できない現象です。そのため相手が見えているにも関わらず、最後まで相手車に気が付かないで交差点に進入し衝突してしまう事故が発生します。

相手車を脳が認識するのは衝突直前のため、ブレーキをかけるとか、ハンドルを切るとかの回避行動は「時すでに遅し」という事態になってしまいます。

急に相手車が目の前に現れる為、運転者はその車がどこから来たのか分からないまま パニックになり、回避行動を取る余裕もなく、衝突するしか選択肢がない状態に追い込まれてしまいます。

官公庁や保険会社からコリジョンコース現象への注意喚起がなされています。

TVアニメ名探偵コナン(事件ファイル第556話「恐怖の交差点」)や、特番テレビ(交通事故検証番組)等でも、コリジョンコース現象について注意喚起されていますので、機会があれば視聴して頂くのも良いかもしれません。

 

大空でも「コリジョンコース」は発生します。

航空機では、比較的相対速度の低いヘリコプターなどでも(有視界飛行を行う際に)、コリジョンコースの現象が起こり空中衝突事故の原因となっています。

また、相対速度の高いジェット機などは、完全にコリジョンコースに乗ってしまうと、接近する相手を視認することは、ほぼ不可能であると言われています。 

もし、コリジョンコースに載ってしまった場合は、パイロットの能力で空中衝突を防ぐことは不可能です。

そのため、空中衝突防止装置等の使用や、航空管制の支援等を受けて回避するしか方法は残されていません。

コリジョンコース】

そのまま進めば衝突(コリジョン)する進路(コース)、つまり「衝突一直線」という意味です。

 

 

コリジョンコースを避ける方法は「道路交通法の履行」と「運」です。

自分の頭で交差点の優先関係をはっきり考えることで、相手車を脳が認識できるようにします。コリジョンコースは、相手車両と速度が一緒であることが大前提です。 

そうであれば、速度の変化はコリジョンコース現象を避ける方法になるはずです。 

等速直線運動と相手車との45度の角度を変化させることが出来れば ・・・。

希望的な意見を書きましが、コリジョンコースに乗ってしまったら事故を回避する事はやはり不可能だと思います。

それは、脳が認識していない透明な車両が存在するかもしれない等と考えて運転しているドライバーはいないからです。

交差点に一時停止規制や広路・狭路の優先関係があれば、その規制を守る事で速度差が生まれます。そうすれば相手車両を認識しないと決めた脳も、相手車を認識しなければならなくなるはずですが・・・。

 

コリジョンコースを避けるためには、運にかけるか、それとも規制が無い交差点でも 一時停止をするかのどちらかしかありません。

現在は「視野対策ポール」を等間隔に設置して、脳が認識しやすい様に対策を行っている県も存在します。

また、CANADAのように、信号が無い交差点は、必ず一時停止を行うという義務を課すことも良い方法かもしれません。

CANADAで運転される時は、信号の無い交差点では必ず一時停止をして下さい。

(ALL WAY STOP 4WAY STOP の標識が無くても一時停止ですよ)

交差点での優先関係は、先に交差点に進入し停止した車に優先権があります。 

自分よりも先に交差点で停止した車が、順次交差点を渡り切ったら自分の番です。

同着は?と思われるかもしれませんが、交差点の少し手前でも先に停止した方が優先ですので、相手が停止する前に停止しちゃいます(笑) それで勝ち?です(笑)    本当はダメですよ。(>_<)

 

これからも優しい心で余裕をもった運転をお願い致します。

 

 

 

事実と真実の境界線(boundary line)

名探偵コナン』を象徴する名台詞


The truth is always one  真実はいつもひとつ

だれでも知っている名探偵コナンの名台詞ですね。 

There's only ever one truth.

(always を使うよりonly ever(いつも)を使った方がカッコいいですか?)

 

実家(カナダモントリオール)の地下室にあるライブラリーにあったマンガでは、

「真実はいつもひとつ」がOne truth prevails!」でした。(ローカライズ???)

ダメですよね。 

だって「真実が勝つ」じゃなくて、「たった一つの真実の追及」がコナンのテーマじゃないですか!

 

そしてタイトルは「CASE CLOSED」。 絶句です。 

確かに、英語では名探偵の「名」をあらわす言葉は無いけど ・・・ 。 

「一件落着(事件解決)」ってなに? どうしちゃったの。おかしくなっちゃったの?

 

せめて Detective Conan(だって日本の単行本の表紙に書いてあるじゃん)とか

「有名な」をつけてFamous Detective Conanじゃダメだったんでしょうか (>_<)

**********************************************************************************************

 

何故「名探偵コナン?」か(笑)と申しますと、7/26ブログ『一生のうち交通事故にあう確率は何%』の『あれれー』が好評だったので・・・(笑)

 

交通事故の示談交渉を担当していると「事実」と「真実」という壁にぶつかります。

難事案の場合は尚更です。

契約者様も、相手方も、交通事故の事故状況について「実際に起こった事」を語っているはずなのですが、お互いが主張する状況が違ってしまうのです。

 

この言葉に振り回された経験から、言葉の持つ意味を真剣に考えるようになりました。 

辞書的に解釈すれば、殆ど同じ様に感じられるかと思いますが、違いはあるのです。

(自説ですが・・・(*^^)v)。

 

辞書では、名詞の「事実」は「実際に起こった事柄」であり、名詞の「真実」は「嘘偽りの無い事」と定義されています。 

副詞の「事実」は「本当に・実際に」で、副詞の「真実」は「本当に・確かに」です。

 

ここから分かる事は「事実」は実際に起こった事で、「真実」は嘘じゃない本当の事という事になりますね。 

もう少し分かりやすくお伝えすると、「事実」とは「実際に起こった事」を経験した人が表した事柄で、「真実」は「実際に起こった事」を経験した人が思った本当の事柄と言い換えることが出来るのではないでしょうか。 

要は、物事を客観的に説明した事柄が「事実」で、その客観的な事実を確認した人の 主観的考察が加味された事柄が「真実」であると結論できます。

 

今考えてみると、私は「事実」よりも「真実」の方が、より正しい事と思い込んでいた様です。この様な先入観から、自分自身にバイアスをかけてしまっていたんですね。

その為に正しい事実の判断に迷いが出てしまっていたのかもしれません。 

ダメダメですね。 

確証バイアスのコントロールは本当に難しいです。

 

「真実はいつもひとつ」

あれれー おかしいぞー「真実は人の数だけある」って小五郎のおじさんが言ってたよ

 

次回は事故の発生原因について、再度考えてみますので宜しくお願い致します。